「全国一の宮会」には非加盟

越後国一之宮・府県社
天津神社(あまつじんじゃ)

越後国一宮はほかに彌彦神社(新潟県西蒲原郡)・居多神社(新潟県上越市)があります。

創建は第12代景行天皇の頃とされ、第36代孝徳天皇の勅願所であったと伝えられています。

延喜式神名帳には「越後国頸城郡 大神社(おほむは-)」の記載があり、その論社に比定されています。一の宮・押上・寺町・大町・七間町等の産土神として崇敬されました。

慶長16年(1611年)には江戸幕府から黒印地百石を寄進され、翌年朱印地に改められます。大正7年に郷社に列し、後に県社に昇格しました。

ご祭神
中央:天津彦々火瓊々杵尊
左手:天児屋根命
右手:天太玉命

ご利益
病気平癒・地域安全・地域振興
*今はなくなった公式ホームページから

境内社である奴奈川神社も式内論社であり、頸城郡(くびきぐん)13座の一社として記載されるこの地方の大社です。この一帯はかつて「沼川郷」といい、そこに住んでいた奴奈川姫命の元を八千矛命が訪れたという神話があります。

国指定重要無形民族文化財
天津神社舞楽

新潟県糸魚川市一ノ宮1-3-34
025-552-0036
トキ鉄糸魚川駅より徒歩約10分


糸魚川駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]