肥前国一之宮・旧国幣小社
千栗八幡宮(ちりくはちまんぐう)

「鎮西要略」によれば「神亀元年(724年)肥前国養父郡の郡司・壬生春成(みぶはるなり)が八幡大神の御神託を蒙(こうむ)って千根(ちこん)の栗が生えている地に創祀した」と伝えられています。

承平年間に宇佐神宮の五所別宮(大分八幡・千栗八幡・藤崎八幡・新田神社・鹿児島神宮)の一と称せられ、慶長14年(1609)には後陽成天皇より「肥前国総廟一宮鎮守千栗八幡大菩薩」の勅頼を賜りました。

ご祭神
応神天皇
仲哀天皇
神功皇后

配神
難波皇子(なにわのみこ)
宇治皇子
住吉明神
武内宿禰

ご利益
開運招福・厄除守護・国家鎮護

壬生春成が千栗山に猟をしに行くと、八幡大菩薩の使いである一羽の白い鳩が飛んできて弓の先に止まりました。その夜、夢の中で千個の栗を授けられ「この地に八幡神を祀れ」と神託を受けます。

次の日再び千栗山に猟に行くと、何と逆さに植わった千個の栗から栗の木が一夜のうちに生い茂っていたことから「くり」を逆さにして、「ちりく」というようになったとの言い伝えがあります。

摂社の鳩森稲荷神社には、壬生春成の弓の先に止まったと言われる八幡神の御使である白鳩を祀っています。

千栗八幡宮へと登る146段の階段は、地元出身のオリンピック金メダリスト古賀稔彦氏が少年の頃、毎日駆け上がって足腰を鍛えた場所で、看板には「栄光への石段」とあるそうです。

佐賀県三養基郡みやき町大字白壁字千栗
tel:0942-89-5566
JR久留米駅よりバス「千栗八幡宮前」下車徒歩すぐ


久留米駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]