河内国一之宮・旧官幣大社
枚岡神社(ひらおかじんじゃ)

創建年は神武天皇即位の3年前(紀元前662年)とされており、神武天皇の侍臣で中臣氏の祖の天種子命(天児屋根命の孫)が、天皇の命で神津岳の頂に祖神の天児屋根神を祀ったのをはじまりとします。

平岡連の氏神とされ、白雉2年(650年)、平岡連によって山頂から中腹の現在地に社殿を移しました。「枚岡(ひらおか)」の社名は、神津嶽の頂が平らな丘であったことに由来すると伝えられ、山頂には奥宮が現在も残っています。

ご祭神
本殿4棟(第一・第二・第三・第四殿)に各1柱が祀られています。
第一殿:天児屋根命(あめのこやねのみこと) – 主神、中臣氏祖神
第二殿:比売御神(ひめみかみ) – 天児屋根命の妻神
第三殿:経津主命(ふつぬしのみこと、斎主命) – 香取神宮祭神
第四殿:武甕槌命(たけみかづちのみこと、建御雷命) – 鹿島神宮祭神

ご利益
厄除開運・交通安全・安産守護・家内安全

神護景雲2年(768年)、奈良の春日大社に祭神二柱を分祀し宝亀9年(778年)には春日大社から武甕槌命と斎主命の二神の分霊を奉斎しました。春日大社の勧請元のため、元春日の別称があります。

『延喜式神名帳』では名神大社に列し、古くから皇室をはじめ多くの人々の信仰を集め、平清盛、源義経、足利尊氏、豊臣秀頼など時の権力者による寄進も多く見られます。本殿は平岡造と呼ばれる美しい建築様式です。

毎年1月11日に行われる「粥占神事(かゆうらしんじ)」他、紀元節(初代神武天皇即位の日)を祝う祭りなど、古式ゆかしいお祭りが見られることにも古い歴史を感じることができます。

大阪府東大阪市出雲井町7-16
tel:072-981-4177
近鉄枚岡駅より徒歩すぐ


枚岡駅のおすすめグルメ情報 [食ベログ]