越中国一之宮・旧国幣中社
射水神社(いみずじんじゃ)

富山県内には射水神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)あります。

創建は奈良時代以前とされます。富山湾を見下ろす「二上山(ふたがみやま)」(273m)を神奈備とし、その山麓に鎮座したことに始まります。社殿によれば、養老年間(714~723年)に僧・行基が二上山麓に建てた養老寺に、二上権現と称して祀ったのが二上神の鎮座といわれています。

ご祭神
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
※かつての鎮座地「二上山」では「二上大神(ふたがみのおおかみ)」を御祭神としており、瓊瓊杵尊と同一神としています。

ご利益
五穀豊穣・商業繁栄・家内安全・縁結び・開運厄祓・みちひらき

「射水(いみず)」という社名は平安時代初期の『国造本紀』に記された「伊弥頭(いみづ)国造」に由来するとされます。かつての領域は二上全山の22万坪余りにもなりましたが、戦国期に2度にわたる兵火で社殿は焼失。加賀藩主・前田利家公により復興され、明治8年に高岡城本丸跡に遷座となります。

高岡市古城1-1
tel:0766-22-3104
あいの風とやま鉄道「高岡駅」より徒歩約10分


高岡駅(富山県)のおすすめグルメ情報 [食べログ]