「全国一の宮会」には非加盟

加賀国一之宮・郷社
石部神社(いそべじんじゃ)

加賀国一宮はほかに白山比咩神社(石川県白山市)があります。

創祀年代は不詳ですが、社殿では加賀国が越前国から分国された弘仁14年(823年)よりも前にはあったとされ、延喜式神名帳には小社に列しています。(『白山之記』によると府南社の創建は加賀国が越前国された時としています)

加賀国の国府の南に位置したところから府南社とも呼ばれ、加賀国総社として一時は隆盛を誇るものの、安元2年(1176年)の涌泉寺事件以降勢力が衰えていきます。

慶長5年(1600年)に丹羽長重(にわながしげ)により社殿の修理などが施され、江戸時代には歴代の加賀藩藩主の保護を受けました。また、当社が加賀国一宮であると考えられていた時期もあり、加賀国一宮はほかに白山比咩神社と論争になった。

ご祭神
櫛日方別命(くしひかたわけのみこと)

ご利益

現在は兼務社となっていますが、総代の方に連絡すれば御朱印がいただけるという記事を見つけました。
加賀能美 石部神社 | 気軽に御朱印集めの旅 神社篇

石川県小松市古府町カ169
0761-22-4089 (多太神社)


小松駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]