安芸国一之宮・旧官幣中社
厳島神社(いつくしまじんじゃ)

瀬戸内海に浮かぶ厳島(安芸の宮島)に鎮座する厳島神社。創建は推古天皇元年(593年)、豪族・佐伯鞍職(さえきくらもと)によるものとされています。厳島は古代より島全体がご神体として信仰され、島の名前も神聖な島を意味する「斉(いつ)き島」に由来します。

ご祭神
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)
*3柱は「宗像三女神」と総称されます

ご利益
国家鎮護・海上守護・芸能上達・心願成就 など

安芸守に任命された平清盛による大改築で現在の姿に近い社殿が整えられ、平家の守護神的存在となり平家一門が参拝するようになります。その後2度の火災が火災があったものの仁治2年(1241年)に社殿を再建、元亀2年(1571年)に毛利元就が本社本殿を改修しています。

国宝
厳島神社(1件6棟)
平家納経
金銅密教法具
厳島神社古神宝類
紺絲威鎧(こんいとおどしよろい)
小桜韋黄返威鎧(こざくらがわきがえしおどしよろい)
浅黄綾威鎧
黒韋威胴丸(くろかわおどしどうまる)
太刀 銘 友成作
梨子地桐文螺鈿腰刀
彩絵桧扇
紺紙金字法華経7巻

国の重要文化財
大鳥居
朝座屋(あさざや)
能舞台
五重塔
揚水橋(あげみずばし)

など多数

国指定特別史跡 特別名勝
厳島

国指定天然記念物
弥山原始林

弥山の緑、瀬戸内海の青、社殿の朱が色彩のコントラストを生み出し、その景観は見るものを圧倒します。日本独自の文化を伝える優れた建築と独創性などから、1996年に世界遺産に登録されました。

満潮時に国宝の客(まろうど)神社、本社などを結ぶ廻廊をめぐると、海の上を歩いているような感覚を味わうことができます。干潮時には厳島神社の代名詞ともいうべき大鳥居まで歩いて行くことができます。

広島県廿日市市宮島町1-1
tel:0829-44-2020
JR宮島口駅下車 宮島口よりフェリーで宮島桟橋 徒歩約15分