諸国一宮(歴史的に一宮とされる神社)以外で「全国一の宮会」に加盟する神社になります

陸奥国一之宮
石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)

八幡山と呼ばれる山の頂上に鎮座する神社で、延喜式神名帳にも記述があります。創建については詳細不明ですが、古くから山岳信仰として八幡山そのものや、参道に点在する磐境(巨石)を信仰の対象としていました。全国的にも数少ない祭祀遺跡の跡地として、考古学的にも大変重要な遺跡といわれています。

康平六年(1063年)、源有光(石川有光)は、四方を山々に囲まれ、磐境(巨石)が重なり自然の要害となっているこの八幡山(当社鎮座地)に三芦城を築城。治暦二年(1066年)には源氏の氏神である京都石清水八幡宮の御分霊(大国主命・誉田別命)を合祀しました。​

主祭神
味鉏高彦根之命(あじすきたかひこねのみこと)

配祀
譽田別命
大國主命

*味鉏高彦根命は本土創造・農業・工業の神様、大国主命は商売繁盛・家内安全の神様、誉田別命は戦の神様です。

石川郡石川町下泉269
tel:0247-26-7534
JR磐城石川駅徒歩約15分


磐城石川駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]