山城国一之宮・旧官幣大社
賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ)

御祭神
賀茂別雷大神(かもわけいかずちのおおかみ)

記紀には出てこない神様ですが「山城国風土記」によると、玉依日売(たまよりひめ)が加茂川の川上から流れてきた丹塗矢を床に置いたところ懐妊し、それで生まれたのが賀茂別雷命となっています。兄玉依日古(あにたまよりひこ)の子孫である賀茂県主の一族がこれを奉斎したと伝えられます。

社伝では、神武天皇の御代に賀茂山の麓の御阿礼所に賀茂別雷命が降臨したと伝えられ、天武天皇の時代(678年)、現在の社殿の基が造営されました。

雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。全国の神社で時折見かける「清めの砂」の発祥の神社でもあります。

ご利益
厄除開運・農業守護・方位除け・落雷除け など

国宝
本殿
権殿

国指定史跡
境内

国指定重要文化財
本殿権殿鳥合廊(とりあいろう)
本殿東渡廊(わたりろう)鳥合廊
西渡廊
など多数

京都府京都市北区上賀茂本山339
tel:075-781-0011
地下鉄「北大路」駅・「北山」駅からバス「上賀茂神社」前下車すぐ


上賀茂神社近くのおすすめグルメ情報 [食ベログ]