備中国一之宮・旧官幣中社
吉備津神社(きびつじんじゃ)

鬼退治の英雄神を祀る備中国一宮吉備津神社。社伝によれば仁徳天皇がこの地に行幸された時に御創建になったとされ、延喜式では名神大社に列しています。

元々吉備国の総鎮守でしたが、吉備国が三つの国に分割された時に備中国の一宮とされ、分霊が備前国と備後国の一宮となったとされます。

主祭神
大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)
*第7代孝霊天皇の第三皇子で、もとのお名前を五十狭芹彦命(イサセリヒコミコト)といいます。崇神天皇により全国に派遣された四道将軍の一人として、吉備の豪族「温羅(うら)」を撃退し、吉備国を平定したことが、おとぎ話「桃太郎」のもとになったといわれます。

相殿
御友別命(みともわけのみことのみこと)-大吉備津彦命の子孫
仲彦命(なかつひこのみこと)-大吉備津彦命の子孫
千々速比売命(ちちはやひめのみこと)-大吉備津彦命の姉
倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)-大吉備津彦命の姉
日子刺肩別命(ひこさすかたわけのみこと)-大吉備津彦命の兄
倭迹迹日稚屋媛命(やまとととひわかやひめのみこと)-大吉備津彦命の妹
彦寤間命(ひこさめまのみこと)-大吉備津彦命の弟
若日子建吉備津日子命(わかひこたけきびつひこのみこと)-大吉備津彦命の弟

ご利益
健康長寿・交通安全・安産守護

国宝
本殿・拝殿
*足利義満によって造営された本殿は檜皮葺の入母屋を二つ重ねた「比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり)」または「吉備津造」と呼ばれるここでしか見られない独特のものです

国の重要文化財
御釜殿(おかまでん)
南隋神門
北隋神門
木造獅子狛犬

本殿西側から南に向かって緩やかに下る約400mの回廊は、温羅の首が埋められたと伝わる御釜殿とつながれ、左右には牡丹をはじめ四季の花々が咲き誇ります。

「鳴釜の神事」は御釜の鳴り具合によって吉凶禍福を占うという神事。その霊験は少なくとも室町時代にはすでに有名で、江戸期の怪奇小説『雨月物語』(上田秋成作)にも登場します。

岡山市吉備津931
tel:086-287-4111
JR吉備津駅より徒歩約5分


吉備津駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]