筑後国一之宮・旧国幣大社
高良大社(こうらたいしゃ)

古くは「高良玉垂宮(こうらたまたれぐう)」と呼ばれた高良大社は、仁徳天皇55年(367年)または78年(390年)鎮座、履中天皇元年(400年)創建と伝えられます。

延喜式神名帳に名神大社に列しているほか、最古の神名帳とされる「筑後国神名帳」によると祭神の高良玉垂命は朝廷から正一位を授けられたとされます。

ご祭神
正殿:高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)
左殿:八幡大神(はちまんおおかみ)
右殿:住吉大神(すみよしおおかみ)
*高良玉垂命は記紀には登場せず正体が誰であるか古くから論争され、武内宿禰説や藤大臣説ほか実に様々な説があります。

ご利益
延命長寿・武運長久・交通安全・芸能上達

江戸時代に造営された社殿は幅約17m、高さ約13m、奥行き約32mと、神社建築としては九州では最大級の規模を誇り、今も当時の荘厳な姿を留めています。

国指定重要文化財
本殿・幣殿・拝殿
石造大鳥居(一の鳥居)
紙本墨書平家物語(覚一本)

参道の途中には、主祭神が神馬の蹄跡を残した史跡の「馬蹄石」や、神域を取り囲むように連なる1300個の謎の巨石「神籠石(こうごいし)」があり、これらにも注目しながら参詣したいところです。

国指定天然記念物
高良山のモウソウキンメイチク林

高良神社が鎮座する高良山は、春には久留米ツツジ、初夏には3000本のアジサイが山肌を彩ります。

高良山にはもともと高木神(=高御産巣日神、高牟礼神)が鎮座しており、高牟礼山(たかむれやま)と呼ばれていましたが、高良玉垂命が一夜の宿として山を借りたいと申し出て高木神が譲ったところ、玉垂命は結界を張って鎮座したとの伝説があります。

福岡県久留米市御井町1番地
tel:0942-43-4893
JR久留米大学前駅より徒歩約35分
JR久留米駅よりバス「御井町」バス停下車


久留米大学前駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]