伊豆国一之宮・旧官幣大社
三嶋大社(みしまたいしゃ)

御創建の時期は不明ですが、古くより三島の地に御鎮座し、富士火山帯の根元の神、伊豆の国魂の神、国土開発の神として篤く信仰されていました。

延喜式神名帳には伊豆国賀茂郡(伊豆半島南部・伊豆諸島)の所在と記されており、現在地と異なることから、賀茂郡大社郷白浜を経て現在の遷座地(田方郡小河郷の伊豆国府)になったという説があります。

ご祭神
大山祗命(おおやまつみのみこと)
積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)

この二柱の神を総称し三嶋大明神と称します。三嶋神は東海随一の神格と考えられ、平安時代中期「延喜の制」では「名神大」に列格されました。社名・神名の「三嶋」は地名ともなりました。

ご利益
家内安全・商売繁盛・大漁祈願

源頼朝をはじめ多くの武士に崇敬されただけでなく、東海道の宿場町として賑わったことから、往来する庶民たちの信奉も篤かった三島神社は、多くの文化財を保有していることでも知られています。

国宝
梅蒔絵手箱(うめまきえてばこ)
(北条政子の奉納と伝わります)

国の特別天然記念物
キンモクセイ

国の重要文化財
本殿・幣殿・拝殿
太刀 銘宗忠 他多数

ほかにも静岡県や三島市の指定文化財が多数奉納されています。。

静岡県三島市大宮町2-1-5
tel:055-975-0172
JR三島駅より徒歩約10分


三島駅のおすすめグルメ情報 [食ベログ]