石見国一之宮・旧国幣小社
物部神社(もののべじんじゃ)

物部氏の総氏神である、大和の石上神宮と表裏一体をなす神社とされています。

社伝によれば創建は継体天皇8年(514年?)。饒速日命(にぎはやひのみこと)の御子、宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)は、神武天皇の大和平定を助けた後、一族を率いて美濃国・越国を平定した後に石見国で没しまた。社殿の背後にある八百山に葬られ、天皇の命によって社殿が創建されたと伝えられます。

主祭神
宇摩志麻遅命(物部氏の初代)

相殿右座
饒速日命
布都霊神

相殿左座
天御中主大神
天照皇大神

相殿客座
別天津神(ことあまつかみ)
鎮魂八神(たましずめやはしらのかみ)

別天津神:天御中主神、高御産巣日神、神産巣日神、宇摩志阿斯訶備比古遅神、国常立神、古事記に最初に現れる5柱の神
鎮魂八神:高皇産霊神(タカミムスビノカミ)・神皇産霊神(カンムスビノカミ)・魂留産霊神(タマツメムスビノカミ)・生産霊神(イクムスビノカミ)・足産霊神(タルムスビノカミ)・大宮売神(オオミヤメノカミ)・事代主神(コトシロヌシノカミ)・御食津神(ミケツカミ)

主祭神の父神である饒速日命は、「十種神宝」を奉じ、天磐舟に乗って大和国・哮峯(いかるがみね)に天降り、御炊屋姫命(みかしきやひめのみこと:長髄彦の妹)を娶られ、ご祭神がお生まれになりました。

ご利益
鎮魂祈願・病気平癒・文武上達

宮中で新嘗祭の前日に天皇の鎮魂を行う儀式である「鎮魂祭(みたましずめのまつり)」を行うことでも有名で、鬼頭により魂に活力を与えて再生させるという独特の神事は、神社では「石上神宮」と「弥彦神社」でしか見られません。

鎮魂、勝運の神として崇拝され、宝物には天皇をはじめ、大内氏や毛利氏などの武家から寄進されたものも多く残されています。石見銀山にもほど近く、戦国時代には銀山争奪の舞台にもなりました。

国の重要文化財
太刀 銘 了戒

現在の本殿は宝暦3年(1753年) 再建され、文政元年(1818年) の修理を経て、安政3年(1856年) 宝暦時の規模で改修され現在に至っています。県指定文化財)に指定され、春日造の社殿では全国一の規模です。

大田市川合町川合1545
tel:0854-89-9090
JR大田市駅よりバス「物部神社前」下車すぐ


大田市駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]