下野国一之宮・旧国幣中社
日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)

正式な名前は「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」ですが、宇都宮の「二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)」と区別するため、頭に地名をつけた表記にしています。「二荒」は音読みすると「ニコウ」となり、「日光」の地名の語源とされています。

日光二荒山神社は日光三山をご神体として祀る神社で、創建は奈良時代といわれています。日光三山とは男体山(なんたいさん=旧名「二荒山(ふたらさん)」)・女峰山(にょほうさん)・太郎山(たろうさん)の三山をいいます。

ご祭神
二荒山大神

二荒山大神とは大己貴命(おおなむちのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)、3柱の総称です。二荒山神社では大己貴命は男体山、田心姫命は女峰山、味耜高彦根命は太郎山にそれぞれ当てられています。

境内は本社(栃木県日光市山内)、中宮祠(栃木県日光市中宮祠)、奥宮(栃木県日光市中宮祠二荒山)の3カ所になります。本社は、「新宮」 「滝尾神社」 「本宮神社」の3社で構成されています。

三山のほか日光連山を境内地とし、面積は3,400haにも及び、その神域には華厳滝やいろは坂も含まれます。

ご利益
良縁成就・金運上昇・安産守護・学問成就 など

大己貴命は別名大国主神で、福の神、縁結びの神として知られ、本社の境内には良縁に絡むご神木が立っています。本社と日光東照宮を結ぶ道は、2社の気が合流するパワーストリートとして、ここを通ればさらに運気がアップするといわれているとか?

国宝
小太刀 銘 来国俊(らいくにとし)
大太刀 銘 銘備州長船倫光(びしゅうおさふめともみつ)貞治五年二月日

国の重要文化財
本殿・拝殿・唐門・金銅装神輿
銅灯籠・下野国男体山頂出土品 ほか

栃木県日光市山内2307
tel:0288-54-0535
JR日光駅よりバス「大猷院(たいゆういん)二荒山神社前」下車徒歩すぐ


日光駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]