長門国一之宮・旧官幣中社
住吉神社(すみよしじんじゃ)

三韓出兵に戦勝した神功皇后が住吉大神の神恩に感謝して、祠を建て住吉大神の荒魂を祀ったのが始まりとされ、大阪の住吉大社、博多の住吉神社とともに日本三大住吉の一つとされています。

ご祭神
第一殿:住吉三神
第二殿:応神天皇
第三殿:武内宿彌命
第四殿:神功皇后
第五殿:建御名方命
*住吉三神とは底筒男神(そこつつおのかみ)・中筒男神(なかつつおのかみ)・表筒男神(うわつつおのかみ)の3柱の神。3神とも伊弉諾尊が黄泉の国から戻ったあとの禊ぎの際に誕生した神

ご利益
厄除祈願・豊漁祈願

国宝
本殿
*応安3年(1370年)長門国守護・大内弘世が寄進したもので、九間社流造(きゅうげんしゃながれづくり)という特殊な様式をもっています

国の重要文化財
拝殿
銅鐘
金銅牡丹唐草透唐鞍(こんどうぼたんからくさすかしからくら)
住吉社法楽百首和歌短冊

拝殿は天文8年(1539年)に毛利元就が寄進したもので、縦長の形式がとても貴重なものとなっています。

山口県下関市一の宮住吉1-11-1
tel:0832-56-2656
JR新下関駅より徒歩約20分


新下関駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]