越中国一之宮・旧国幣小社
高瀬神社(たかせじんじゃ)

富山県内には高瀬神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)あります。

大己貴命が北陸地方の開拓を終え、出雲へ戻る前に自身の御魂をこの地に鎮めたことに始まると伝えられています。また、第12代景行天皇の御代、大国主命の御霊を奉斎したことに始まると言う説もあります。

第40代天武天皇の御代に勅使を遣わされたことが文献に見え、「延喜式」には名神大社として記されています。神仏習合の寺社として栄えますが、戦国時代に戦乱に巻き込まれて荒廃。その後江戸時代に加賀藩・前田氏の尊崇により隆盛を取り戻しました。

主祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)

配神
天活玉命(あめのいくたまのみこと)
五十猛命(いそたけるのみこと)

ご利益
良縁成就・無病息災・国土開発・交通安全 など

主祭神の大己貴命(大国主命)の因幡の白ウサギ神話にちなんで(?)拝殿の前に「なでうさぎ」が置かれています。説明書きには「自分の癒してもらいたい部位と同じ所を祈念しながら撫でてください」。参拝の後試してみたくなりました。

南砺市高瀬291
tel:0763-82-0932
JR福野駅よりバス「高瀬神社前」下車徒歩約5分


福野駅(富山県)のおすすめグルメ情報 [食べログ]