周防国一之宮・旧国幣中社
玉祖神社(たまのおやじんじゃ)

玉祖神社は、玉祖命(たまのおやのみこと)がこの地で亡くなったため、社殿を造営して祀ったのに始まるとされます。付近には玉祖命の墳墓と伝えられる「玉の石屋」があります。

ご祭神
玉祖命
※延喜式神名帳には「玉祖神社二座」とあり、ご祭神は二柱になりますが他一座は未詳です(八咫鏡を作った石凝姥命=いしこりどめのみことという説があります)

玉祖命は、天照大神の天岩戸隠れの際に勾玉を作った神で、瓊瓊杵尊の降臨にしたがった五神の一柱です。玉祖連の祖神とされ、現在では眼鏡・カメラ・時計・宝石などの守護神とされています。

ご利益
宝石/眼鏡守護・海上安全・豊漁祈願

県の無形民俗文化財に指定されている占手神事(うらてしんじ)は、軍師二人が相撲の所作をする神事。社伝によると、第14代仲哀天皇と神功皇后夫妻が西征の折に当社に立ち寄り、軍事の吉凶を占ったことが始まりといわれます。

境内には日本鶏・黒柏鶏発祥の地の碑があり、この地に天岩戸の「常世長鳴鶏(とこよのながなきとり)の黒柏鶏を玉祖命が連れてきたという伝承があります。

国指定天然記念物
黒柏鶏(くろかしわけい)
*現在も境内で飼育されています

山口県防府市大字大崎1707
tel:0835-21-3915
JR防府駅より車で約15分


防府駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]