伊勢国一之宮
都波岐神社(つばきじんじゃ)・奈加等神社(なかとじんじゃ)

社伝によれば、第21代雄略天皇23年(479年)、勅により造高雄束命(たかおわけのみこと:猿田彦の八世の孫という)が、現在地の伊勢国河曲郡中跡村に2つの神社を造営し、それぞれ都波岐神社(つばきじんじゃ)・奈加等神社(なかとじんじゃ)と称したのが始まりと伝えられています。

明治時代に都波岐神社と奈加等神社が合併され、都波岐奈加等神社とも称されます。

御祭神
都波岐神社
猿田彦大神 (さるたひこのおおかみ)

奈加等神社
天椹野命 (あまのくののみこと) – 中跡直(なかとのあたい)の先祖
中筒之男命 (なかつつおのみこと)

ご利益
土地家屋安泰守護・方災解除・厄除開運・家内安全・無病息災・交通安全 など

御朱印は都波岐神社と奈加等神社、都波岐奈加等神社と3種類あるようですが、宮司さんが留守にしている時があるようなので、事前に電話をかけておいた方がいいかもしれません。

伊勢国の一之宮は「椿大神社(つばきおおかみやしろ)」と合わせて二つもあるんですね・・・

三重県鈴鹿市一ノ宮町1181
tel:0593-83-9698
JR関西本線/伊勢鉄道伊勢線「河原田」駅より徒歩約25分


鈴鹿市のおすすめグルメ情報 [食ベログ]