若狭国一之宮・旧国幣中社
若狭姫神社(わかさひめじんじゃ)

正式には上社の若狭彦神社と下社の若狭姫神社を総称して「若狭国一の宮若狭彦神社」ですが、ここは下社の若狭姫神社についてのページになります。

養老5年(721)上社より分祀されたのが創祀です。室町以降祭祀の中心は上社から下社に移り、現在の神事もほとんど下社で行われています。

御祭神
若狭姫大神(豊玉姫命)
*龍宮伝説で名高い豊玉姫命を若狭姫大神とたたえて奉祀しています

ご利益
恋愛成就・敷物業守護・安産成就・漁業大漁

「千年杉」、乳神様とよばれる「大銀杏」、子種石とよばれる「陰陽石」など、安産の神として崇められています。

上社若狭彦神社には人が常駐していないので、御朱印やお守りなどはすべて下社での対応になります。また、下社の近くには駐車場がないのでJR東小浜駅近くの駐車場を利用することになります。上社の参拝も一緒に行う場合はレンタサイクルを借りるのも一手です。

小浜市遠敷65-41
tel:0770-56-1116(上社と共通)


東小浜駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]