「全国一の宮会」には非加盟

阿波国一宮・旧県社
天石門別八倉比売神社(あめのいわとわけやくらひめじんじゃ)

阿波国一宮はほかに大麻比古神社(鳴門市)・上一宮大粟神社(名西郡)・一宮神社(徳島市)があります。

式内大社・天石門別八倉比売神社の論社の1つ。古来より杉尾山を神体山とする磐座信仰の神社で、地元の人には杉尾さんとよばれ親しまれています。

社伝によれば創祀は紀元前に遡るとされます。推古元年(593)に現在地に遷座し、江戸時代に奥の院を拝するための拝殿と本殿を造営して現在に至るとされています。

ご祭神
大日孁貴命(八倉比売命)
*天照大御神の別名

境内地に当たる気延山には200余りの古墳群があり、その中でも最も大きな前方後円墳が神社の境内とされています。その前方部に拝殿と本殿が、後円部に当たる場所には奥の院として五角形の祭壇に磐座が祀られています。

気延山古墳群からの出土品や、天照大神は卑弥呼のモデルであると言う説と相まって「奥の院の磐座は卑弥呼の墓である」という説もあるようです。

徳島県徳島市国府町西矢野字宮谷531番
088-642-1710
JR府中駅より徒歩約40分


府中駅(徳島県)のおすすめグルメ情報 [食べログ]