肥前国一之宮・旧県社
與止日女神社(よどひめじんじゃ)

「肥前国風土記」逸文(神名帳頭注)によれば、欽明天皇25年(564年)11月1日に創建と記されています。同書に記された川にまつわる説話から、水神信仰として成立したものと見られています。

川上峡の嘉瀬川に浮かぶように建ち「河上神社」ともよばれ、一般には「よどひめさん」として親しまれています。

ご祭神
與止日女命(よどひめのみこと)
*神功皇后の妹とされ、一説には豊玉姫のこととも伝えられています
*佐賀県を中心とする北九州地方には、與止日女神(淀姫神)を祀る神社が多数あり、そのうち当社を含めた6社が嘉瀬川流域にあります。

ご利益
河川守護・病気平癒・子授安産

境内に入ってすぐ右側にある「金精さん」は子孫繁栄のシンボル。與止日女が子宝に恵まれぬ時、男根の形をしたこの石に触れたところ子宝に恵まれたとの言い伝えがあります。

国の重要文化財
河上文書
*平安時代に備前国一宮になった当時の信仰形態が綴られたものをはじめ、安土桃山時代までの文書14巻247通

四季折々の景色は「九州の嵐山」と称えられ、春には桜、秋には紅葉が趣を添えます。その境内の西側には菅原道真公を祀った「與止日女天神」があり、受験生にご利益をもたらすといわれています。

佐賀県佐賀市大和町大字川上1-1
tel:0952-62-5705
JR佐賀駅よりバス「川上橋」下車徒歩すぐ


佐賀駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]