隠岐国一之宮・旧村社
由良比女神社(ゆらひめじんじゃ)

隠岐、島前西ノ島に鎮座する由良比女神社。創建の年代は不明。続日本後紀に、宇受賀命神社、水若酢神社とともに官社に預かる旨が記されています。延喜式神名帳には「由良比女神社 名神大 元名和多須神」と記載され、名神大社に列しています。

ご祭神
由良比女命(ゆらひめのみこと)
*須佐之男の娘で、大国主の正妻である須世理比売命(すぜりひめのみこと)であろうと言われています。

ご利益
豊漁・海上守護・家庭円満

イカ伝説
社前の「由良の浜」は別名「イカ寄せの浜」といい、毎年10月から翌年2月にかけてイカが押し寄せます。かつて由良比女命が芋桶に乗って海を渡っているとき、海に浸した由良比女命の手をイカが引っ張った(噛みついた?)ので、そのお詫びに、毎年「由良の浜」にイカの群が押し寄せるようになったと伝えられています。

隠岐郡西ノ島町浦郷922
tel:08514-7-8777
別府港から車で15分