地点区分:北陸道

  • 「全国一の宮会」には非加盟 越後国一之宮・府県社 天津神社(あまつじんじゃ) 越後国一宮はほかに彌彦神社(新潟県西蒲原郡)・居多神社(新潟県上越市)があります。 創建は第12代景行天皇の頃とされ、第36代孝徳天皇の勅願所であったと伝えられています。 延喜式神名帳には「越後国...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 「全国一の宮会」には非加盟 加賀国一之宮・郷社 石部神社(いそべじんじゃ) 加賀国一宮はほかに白山比咩神社(石川県白山市)があります。 創祀年代は不詳ですが、社殿では加賀国が越前国から分国された弘仁14年(823年)よりも前にはあったとされ、延喜式神名帳には小社に列してい...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 佐渡国一之宮・旧国幣小社 度津神社(わたつじんじゃ) ご神体妹背山を背に鎮座する度津神社。1470年の洪水により社地、古文書等が流失したためその由緒や縁起などは明らかではありませんが、「延喜式神名帳」にはその名が記載されている古社です。 主祭神 五十猛命(いそたけるのみこと) ※「...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 越後国一之宮 居多神社(こたじんじゃ) 越後国一宮はほかに彌彦神社(新潟県西蒲原郡)・天津神社(新潟県糸魚川市)があります。 創建は不詳ですが神代の古跡であるとされ、延喜式神名帳にも記載があります。日本海沿岸に分布する気多神社の一社として古代には「けた」と呼ばれ、「こた」と呼ばれるのは...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 越後国一之宮・旧国幣中社 彌彦神社(いやひこじんじゃ) 越後国一宮はほかに居多神社(新潟県上越市)・天津神社(新潟県糸魚川市)があります。 正式には「いやひこ」ですが、ご神体の弥彦山など関連する地名が「やひこ」と読む関係で、一般には「やひこじんじゃ」とも呼ばれています。 社伝では...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 越中国一之宮・旧国幣小社 雄山神社(おやまじんじゃ) 富山県内には雄山神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)あります。 日本三大修験の一つ立山連峰の主峰雄山をご神体とする雄山神社は「立山頂上峰本社」「芦峅中宮祈願殿(あしくらちゅうぐ...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 越中国一之宮・旧国幣小社 高瀬神社(たかせじんじゃ) 富山県内には高瀬神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)あります。 大己貴命が北陸地方の開拓を終え、出雲へ戻る前に自身の御魂をこの地に鎮めたことに始まると伝えられています。また、第...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 越中国一之宮 気多神社(けたじんじゃ) 富山県内には気多神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)あります。 社殿では養老2年(718年)に僧・行基が創建したとしていますが、高岡市伏木が越中国の中心地だったことと、能登国が越前から分立し...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 越中国一之宮・旧国幣中社 射水神社(いみずじんじゃ) 富山県内には射水神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)あります。 創建は奈良時代以前とされます。富山湾を見下ろす「二上山(ふたがみやま)」(273m)を神奈備とし、その山麓に鎮座...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 能登国一之宮・旧国幣大社 氣多大社(けたたいしゃ) 国指定天然記念物である「入らずの森」を背に鎮座する氣多大社。第10代崇神天皇の御代に現七尾市にある氣多本宮から遷座したのが創祀と伝えられますが、詳しいことはわかっていません。「延喜式神名帳」では名神大社に列し、能登国一宮として畠山氏・前田氏...
    詳しくはこちら
    地点区分:

ANAスカイツアーズ

ekitan

J-TRIP