地点区分:西海道

  • 「全国一の宮会」には非加盟 壱岐国一宮・旧村社 興神社(こうじんじゃ) 壱岐国一宮はほかに天手長男神社(壱伎市)があります。 近年の研究で式内名神大社「天手長男神社」の論社とされます。かつて壱伎国府が近くにあり、「興」は「国府(こふ・こう)」の意味とされることや境外社に壱岐国総社...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 対馬国一之宮・旧国幣中社 海神神社(かいじんじんじゃ) 原生林の森が広がる木坂の里、伊豆山の中腹に鎮座する海神神社。神功皇后が三韓征伐からの帰途、新羅を鎮めた証として旗八流(八本の旗)を上県郡峰町に納めたことが起源とされます。式内名神大社「和多都美神社」の論者。 旗はその後現在地である...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 壱岐国一之宮 天手長男神社(あまのたながおじんじゃ) 壱岐国一宮はほかに興神社(壱伎市)があります。 延喜式では名神大社に列し壱岐国一宮とされていますが、中世におこった元寇により荒廃、所在も不明となり、現在の場所が当時の一宮跡であるかどうかは諸説あります。 社名は、神功皇后の三韓...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 薩摩国一之宮・旧国幣小社 枚聞神社(ひらききじんじゃ) 日本百名山の一つで薩摩富士と呼ばれる開聞岳をご神体とし、山岳信仰の対象であった枚聞神社。その創祀は神代と伝えられますが詳細はわかっていません。開聞岳はかつて竜宮界であったと伝えられ、海幸彦、山幸彦の神話が色濃く残っています。 主祭...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 薩摩国一之宮・旧国幣中社 新田神社(にったじんじゃ) 社伝によれば瓊瓊杵尊の御霊を祀ったのが創祀とされていますが、神亀2年(725年)の創建とするものや「藤原純友の乱の時、国家鎮護を祈願し建てた八幡宮の一つ」とするものなど、史料によって異なります。 新田神社が鎮座する神亀山(しんきざん...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 大隅国一之宮・旧官幣大社 鹿児島神宮(かごしまじんぐう) 創祀は古く神武天皇の時代とも伝えられ、「天津日高彦穗々出見尊(山幸彦)の宮殿(高千穂宮)を神社としたもの」との言い伝えもあります。 平安時代には八幡神が合祀、以降「正八幡宮」「大隅八幡宮」「国分八幡宮」などとも称され、全国正八幡...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 日向国一之宮・旧国幣小社 都農神社(つのじんじゃ) 神武天皇が即位する前、宮崎神宮から大和朝廷に向かう途中でこの地に祭壇を設け、国土の平安や海上平穏を祈願したのが創祀といわれます。延喜式神名帳では日向国児湯郡に「都農神社」と記載され、式内社に列しています。 ご祭神 大己貴命(おおなむ...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 肥後國一宮・旧官幣大社 阿蘇神社(あそじんじゃ) 創祀は、第7代孝霊天皇9年(紀元前282年)初代神武天皇の孫である健磐龍命(たけいわたつのみこと)の子で、のちに初代阿蘇国造となる速瓶玉命(はやみかたまのみこと・十一宮)が両親を祀ったのに始まるとしています。 日本全国に約450社ある「...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 肥前国一之宮・旧国幣小社 千栗八幡宮(ちりくはちまんぐう) 「鎮西要略」によれば「神亀元年(724年)肥前国養父郡の郡司・壬生春成(みぶはるなり)が八幡大神の御神託を蒙(こうむ)って千根(ちこん)の栗が生えている地に創祀した」と伝えられています。 承平年間に宇佐神宮の五所別宮(大分八幡...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 肥前国一之宮・旧県社 與止日女神社(よどひめじんじゃ) 「肥前国風土記」逸文(神名帳頭注)によれば、欽明天皇25年(564年)11月1日に創建と記されています。同書に記された川にまつわる説話から、水神信仰として成立したものと見られています。 川上峡の嘉瀬川に浮かぶように建ち「河上神社」...
    詳しくはこちら
    地点区分:

ANAスカイツアーズ

ekitan

J-TRIP